インレーの種類を知って自分に合った歯科治療を希望する

虫歯がまだ軽度で虫歯部分を削りとるだけで済む場合は、削りとった後に詰め物、いわゆるインレーを詰めることで治療を終える事ができます。

かつての虫歯治療ではインレーには保険適用が利くものがよく用いられていました。プラスチック素材であるコンポジットレジンや、ニッケルクロム合金や銀合金を用いるインレー治療です。しかし近年は歯科治療における審美性の重視や、より耐久性のあるインレーの使用が増加しており、保険適用外のインレーが人気となっています。

保険適用外のインレーではセラミックインレーが代表的で、見た目が本物の歯に近く、それでいて変色やプラークの付着に対して強いというメリットがあります。保険適用外で治療費が高めで強度があまりないのがデメリットですが、前述のメリットの点などから人気が高いインレーです。

またハイブリッドセラミックインレーも同様に審美性の高さと周囲の歯を痛めにくい適度な柔らかさを持つインレー素材のためよく用いられています。インレー治療は現在ではこのように復数のインレー素材から選べるため、水天宮前の歯医者が事前にどのような治療が出来るか知っておくとより満足いく治療が受けられます。